意外と知らない「出会いの注意点」-最低限知っておきたい出会い系の歩き方


出会い系の注意点

出会い系サイト


出会い系のイメージ

出会い系と聞くとあまり良いイメージはありませんね

大抵の人は「出会い系=悪い・危険・不道徳」と感じるようです。

これは仕方のないことで、ガラケーの時代から顔も名前も知らない相手とやり取りして実際に出会うことで事件に巻き込まれるケースが存在したからです。

現在ではリモートワークやネットを通して様々な交流を行うことが当たり前になりました。 見知らぬ人とチャットやメールできる機能は確かに便利ですが、相手を簡単に傷付たり、騙されたりすることが起きています。

ネットに対して知識の乏しい若者や高齢者を巧みに利用しようとする輩が大勢いることも出会い系の印象を悪くした要因です。

出会い系は年齢認証が当たり前

出会い系サイトは未成年や支援目的の利用は禁止されています。

トラブルや未成年の健全な良識を守るために年齢認証が導入されています。

出会い系サイトでは、どのサイトやアプリでも年齢認証の確認が必須になっています。 もし年齢確認がないサイトやアプリをインストールしてしまったら迷わず削除してしまいましょう。

出会い系は嘘ばっかり?

年齢認証は当たり前になってきましたが、細かい年齢や職業などの情報は確認することができません

そのため、相手の情報に嘘や偽りがあっても調べようがないのです。

その点、真剣な出会いを目的とする婚活マッチングサイトでは年齢認証以外に独身または既婚、職業や年収、顔写真、質問シートの記入が細く設定されています。

初めから好きになるかもしれない相手の情報が分かるので安心感が得られますし、 恋愛に発展しやすい傾向があります。

これらの婚活やマッチングサイトは、一般的な出会い系サイトに比べて料金設定が高めです。

出会い系でやってはいけない事

出会い系で注意するべき項目をまとめました。

18歳未満の利用は禁止

出会い系サイトは18歳未満の利用を禁止しています。

絶対に登録はしないようにしましょう。

未成年とのやり取りはしない

そもそも優良な出会い系サイトは本人確認を導入していますのでこのようなケースはないかもしれません。

もし出会い系サイトで相手が未成年の場合は連絡をやめて運営に報告しましょう。

パパ活・ママ活は禁止

以前は ”援助交際” という呼ばれ方をしていましたが、要は不特定の相手に身体の対価として金銭を与えたり、受け取ったりする行為です。

これは売春防止法で違法であると定められています。

出会い系で金銭のやり取りをしたり、提案することは絶対にやめましょう。

不倫・浮気はしない

不倫は犯罪ではありませんが、”不貞行為” と呼ばれて配偶者に対する不法行為に該当します。

そのため、もし不倫が発覚した場合に民事裁判等で訴えられる可能性があります。

出会い系は独身者、バツイチ、シングルマザー等の配偶者が居ない方をメインにしています。

利用規約に反する出会い系サイトで、既婚者が独身と偽って登録したり、相手に配偶者がいるにも関わらず手を出すような不道徳な行為はしないようにしましょう。

危険な出会い系の見極め方

ほとんどは健全な「恋人や友達」探しを推奨するサイトですが、一部のサイトはそもそも出会ずにポイントだけ消費させられた挙句、別のサイトへ勧誘されてしまうケースがあります。

それではどういったサイトに気をつける必要があるのでしょうか。

具体的に以下のようなサイトはグレーゾーンです。


  • ・会社概要や特定取引に関する情報が見当たらない
  • ・所在地や責任者が外国
  • ・年齢確認がない
  • ・メールを閲覧するだけで数百円以上かかる
  • ・登録してすぐに数十通のメールが届く
  • ・しきりに会おうとしてきたり、画像を要求してくる
  • ・性的な内容や別のサイトへ勧誘する

このようなサイトは管理が杜撰で集金目当ての可能性が高いです。またプロフィール写真も悪用されかねませんので出来るだけ早くに退会または削除しましょう。

誰にでも送りつけているメールであれば、ネットで文章をググると同じ情報を知る人の投稿があるかもしれません。

どちらにしてもマイナーなサイトは登録すべきではないということだけ頭に入れておくようにしましょう。


(最終更新日:2021/3/16)